ルフナFBOPF_バナー

ルフナ

フナ(Ruhuna)はスリランカ・セイロン島南部州原産の紅茶です。
ルフナとは現地シンハリ語で「南」という意味で、セイロン島南部に点在する茶園で栽培されています。
等級は多くがフルリーフタイプですが、ブロークンタイプやティップのみで構成される付加価値の高い紅茶も作られます。

近年、茶葉生産量の急激な増加を背景に、スリランカ紅茶局により広大なルフナ生産地が南北に2分割され、南半分は従来のルフナ、北半分をサバラガムワと呼ばれる新しい名称で流通することになりました。このため、従来「ルフナ」として出荷されていた茶葉は産地分割により、より地域に特化した安定した茶葉の供給が行われるようになりました。

したようなスモーキーフレーバーと、濃厚な重い渋味が特徴。水色は深い紅色。
茶葉は黒く、同じ低地産茶葉に比べてやや小振りで1~1.5センチほどで、ブロークンタイプもあります。良質な茶葉にはシルバーティップが多く含まれていることがあるようです。他の低地産ロウグロウンティーと同じく多くが中東地域などへ輸出され、現地ではチャイ用として使われます。日本国内でも根強い人気があり、ルフナ特有の香ばしい薫香に魅せられる人が多く居ます。

繊細さは欠けるもののストレートでも大変美味しく、また濃厚で個性のある風味はミルクティーにも最適です。
他のロウグロウンティーと同様に、渋味が強い淡泊な紅茶にブレンドすることによって、渋味を抑えコクのある紅茶にするこが出来ます。

やや小振りのBOPタイプのルフナ。芯芽のゴールデンティップが非常に多く含まれる最上級の茶葉。
ルフナFBOPF_500px