BOP_500px

サバラガムワ


バラガムワ(Sabaragamuwa)はスリランカ・セイロン島南部サバラガムワ州ラトナピュラ県原産の紅茶です。
低地で生産されるロウグロウンティーの一種で、最近までルフナとして出荷されていました。現在のルフナ生産地よりやや高地。
しかし、2000年代に入り茶葉生産量の急激な増加を背景に、スリランカ紅茶局により広大なルフナ生産地が南北に2分割され、南をルフナ、北をサバラガムワとして出荷されるようになりました。従来「ルフナ」として出荷されていた茶葉は産地分割により、より地域に特化した安定した茶葉の供給が期待されています。